大阪で交通事故の解決は弁護士に相談を

事例紹介 case

トップページ > 事例紹介 > 弁護士による交渉で慰謝料額が増額したケース

当事務所が解決した
解決事例をご紹介します

弁護士による交渉で慰謝料額が増額したケース

事故状況

被害者がバイク、加害者が自動車で交差点で接触。
被害者にも過失ありのケース。

被害状況

通院期間15か月。後遺障害等級12級該当

保険会社側提示

入通院慰謝料、後遺障害等級慰謝料を裁判基準より低く算定。

交渉内容

主として入通院慰謝料、後遺障害慰謝料について粘り強く交渉し、
総額740万円で和解。

ポイント
粘り強く交渉を行ったことで、入通院慰謝料、後遺障害等級慰謝料の増額につながった。