大阪で交通事故の解決は弁護士に相談を

弁護士紹介 lawyer

トップページ > 弁護士紹介

交通事故の被害者の方が
一歩前に進む
お手伝いをいたします。

代表弁護士 佐藤 竜一

プロシード法務事務所 代表弁護士 佐藤 竜一

プロシード法律事務所の代表弁護士佐藤竜一と申します。

私は、元々地方公務員として9年間働いておりましたが、公務員を辞めてから弁護士を目指しました。約7年半の間、大手弁護士事務所で、企業法務や個人の顧客など幅広い案件を担当させていただき、平成24年4月に当事務所を開設しました。

事務所を立ち上げた理由は、誰でもが相談しやすい事務所にしたいという思いからです。

弁護士の数が増えたとはいえ、弁護士がすぐに相談でき、安心を与えてくれる存在とはまだまだ言えないように感じています。少しでも敷居を低くして、法的紛争が大きくならないうちに相談いただき、早期段階で解決を図れたらというのが、一番の願いです。

事務所名の「プロシード」には、少し止まった後に前進するという意味があります。企業も人も時に立ち止らざるを得ない時がありますが、一歩前に進むお手伝いがしたいと思っております。

プロフィール

生まれ

大阪府大阪市

昭和61年

大阪府住吉高等学校卒業

平成2年

神戸大学法学部卒業

平成3年

大阪府庁入庁

平成12年

大阪府庁退職

平成14年

司法試験合格

平成16年

司法修習終了(57期)

平成16年

弁護士登録(大阪弁護士会) 弁護士法人三宅法律事務所入所

平成24年

三宅法律事務所を退所しプロシード法律事務所開設

パートナー弁護士 平田 智仁

プロシード法務事務所 パートナー弁護士 平田 智仁

弁護士の平田智仁と申します。
2020年7月より、新たにプロシード法律事務所にパートナーとして参画させて頂くことになりました。

私は、2009年の弁護士登録以来、約10年半にわたり河本・三浦・平田法律事務所において執務してまいりました。この間、一般民事事件はもとより、特に、会社法と金融商品取引法に関する案件を中心に扱ってまいりました。とりわけ、「会社の内部紛争」(役員間や株主間の紛争)といった会社訴訟案件、また、「証券会社の法務対応」といった分野を重点的に取り扱ってまいりましたので、引き続き注力していきたいと考えております。

また、これまで「少年事件」を多く担当しており、今後も、弁護人・付添人活動を通じて少年の更生に助力できればと考えております。

プロシード法律事務所では、企業法務、労働事件、離婚、相続、交通事故など、幅広い分野を取り扱っておりますが、それに加えて、行政法や独占禁止法、会社法・金融商品取引法といった分野を積極的に取り扱う独自性が強みであると思っております。今後も、当事務所の独自性を補強し、クライアントの皆様に対し良質なサービスを提供できるよう力を尽くします。

プロフィール

平成20年

立命館大学法科大学院 修了
司法試験合格

平成21年

司法修習 修了
河本・三浦法律事務所にて勤務開始

平成28年

同事務所 パートナー就任

令和2年

プロシード法律事務所へ参画